• TOP
  • 万福寺について
  • 参拝・交通案内
  • 施設のご案内

施設のご案内

  1. TOP
  2. 施設のご案内

施設のご案内

大本堂

大本堂

三尊像

釈迦如来像
世の中をあまねく照らし、教え導く真理に到達した人

薬師如来像
病気を救ってくださる功徳健康を守る

阿閦如来像
不動金剛威畏怖金剛とよばれ曼荼羅(まんだら)の主尊

金剛力士像

阿形像
口を開いて最初に発する物事のはじまり、魔物をおいだす。

吽形像
口を閉じた最後の言葉で物事の終わり(門をくぐるものの信心を確かめの役割)

十二支堂

十二支堂

十二支と守り本尊

各自の干支(えと)には、守り本尊があります。自分の干支にあった本尊様に手を合わせ、願い事をするのです。

子・・・千手観音菩薩 (慈悲の悲の表現、優しい愛情)
丑、寅・・・虚空菩薩 (慈悲の悲の表現、優しい愛情)
卯・・・文珠菩薩 (慈悲の悲の表現、優しい愛情)
辰、巳・・・普賢菩薩 (慈悲の悲の表現、優しい愛情)
午・・・勢至菩薩 (慈悲の悲の表現、優しい愛情)
羊、申・・・大日如来 (絶対の真理を具現する法身仏)
酉・・・不道明王 (怒った顔、悪をくだき威を持って正法に尊くゆるぎない心の持ち主)
戌、亥・・・阿弥陀如来 (慈悲の慈の表現、厳しい愛情)

寿堂(霊安室)

寿堂(霊安室)

万福寺には、24時間受け入れの霊安室があります。住宅事情や諸事情により、ご自宅への御安置が困難な場合にご利用頂けます。

納骨堂

納骨堂

納骨堂とは、遺骨を安置しておく屋内施設です。ひと昔前まで納骨堂といえば、訳ありの遺骨を収蔵する場所であったり、お墓へ納めるまでの間の仮安置場所のように捉えられていました。しかし現在では、納骨堂を外のお墓と同様に永代にわたって継承し納骨することも増えてきております。
※約1500基の納骨堂の他に、法要ホールやトイレが設置されているので、高齢者や車椅子の方でも安心です。

禅堂

禅堂

禅は座禅をして、自力で修行する。
私たち(凡夫)は一人一人がそれぞれ仏としてのさとり(仏性)を自分のうちに秘めて持っています。しかし煩悩(ぼんのう)がわざわいしてそれに気づいていない。禅の仏教は自力で座禅をすることによって救済される。煩悩を取り除き精神を統一し、心を落ち着かせ心のうちに秘めている仏性を輝きださせる。さらに理解するために能力や感性を高めていく必要があります。それが修行なのです。

鐘楼

鐘楼

鐘楼とは、寺院内にあって梵鐘を吊し、時を告げる施設の事をいいます。毎年、大晦日にはたくさんの方々が除夜の鐘を撞きにいらっしゃいます。除夜の鐘を撞いて煩悩を払い新しい年をお迎えください。

シャワー室

シャワー室

寿堂(霊安室)には、シャワー室も完備しており、付き添い宿泊も可能でございます。

キッチン

キッチン

寿堂(霊安室)には、キッチン(コンロ)も完備しております。

ページのトップへ戻る

葬儀・年忌法要・供養・祈願・地鎮祭

年中行事

お気軽にご相談ください

098-833-0017 受付時間:24時間365日受付

メールでのお問い合わせはこちら